片塩商店街とは

塩 街 片 商店

岡田自転車商会• マツモト書店• 手芸の店・小窓• それらを盛り立てながら建物などハード面の課題も探ってきた。

5
【 】 大和高田市 片塩商店街 ホームページ : なし 関連HP : なし 片塩商店街は、近鉄高田市駅の北側から高田サティ南側まで4つの通りからなる商店街である。

まちづくり会社発足

塩 街 片 商店

事務所は同氏が投資した市民の文化交流施設、片塩カルチャーセンター内に設置。

10
加藤商店• この商店街の過去の繁栄とは、乗降客数が相応の駅前に立地することと、当時のニチイ高田店(現在の高田サティ)の圧倒的な吸引力によるものだということである。

片塩駅前商店街振興組合

塩 街 片 商店

婦人服地・衣料「むらしま」• ある店舗のシャッターに書いてあったのは 活気のある片塩商店街に! 手芸の店・小窓• まちづくり会社はこうした協議会のノウハウを基に、商店街再生に必要な不動産事業を展開する。 このページから片塩駅前商店街振興組合に関する詳細情報の登録・修正を申請することができます。 居酒屋• 奈良県大和高田市本郷町13番4号• 長年地域の生活を支えてきた。

13
奈良県大和高田市大字曽大根575番地• 日本料理 市藤 かたしお遊とおり [編集 ]• 一昨年には町内の中核店高田サティが撤退し、空洞化が進んでいた。 空き店舗は一定の審査基準を設けて意欲的な飲食店や文化教室などを誘致。

片塩商店街とは

塩 街 片 商店

全体的に閑散とした中、タカダウォークの中ほどにある100円ショップのダイソーが新たな核にはなっているが、商店街の集客をUPさせるのは無理であろう。 地主を中心に30~70代の出資者21人を募り、資本金900万円で3月30日に設立。

6
奈良県大和高田市大字市場792番地16• 上田写真館• この片塩商店街は、商都高田だけでなく中南和を代表する商店街でもある。 奈良テレビ放送大和高田支局• ごはんどき• 奈良テレビ放送大和高田支局• 自らも何らかの形で参画できれば」と期待を寄せている。

片塩駅前商店街振興組合

塩 街 片 商店

奈良県大和高田市大字西坊城259番地の3• 奈良県大和高田市内本町11番5号• 奈良県大和高田市南今里町5番11号• よしだ毛糸店• ダイヨシ• 1980年頃になると、近辺に・(当時は)というが出来るにしたがって、次第にアーケードなども整備され、吉野方面からの買い物客などで賑わった。 近畿では4商店街が選定されました。 大西青果店• 喫茶みやけ• 間違っても、アーケードの架け替えやカラー舗装ではない。

16
大阪()と奈良県南部方面を結ぶ近鉄南大阪線・高田市駅前に位置し、主に近辺住民に商品を売る商店街である。

片塩駅前商店街振興組合

塩 街 片 商店

奈良県大和高田市神楽3丁目247番地1• この状況に危機感を抱いた地元大和高田商工会議所会頭でガス会社経営の中井隆男さん 69 が昨年9月「地域振興の寄与」を目的に高田サティ跡地を購入。 奈良県大和高田市大字市場95番地27• 市駅吉田ビル ( 4階・教育旅行推進機構 )• 市駅吉田ビル ( 4階・教育旅行推進機構 )• 歴史 [ ] (昭和4年)に・高田町駅(現在の近鉄南大阪線・高田市駅)が開業されるに伴い、自然発生的に商店街が構成され、1945年頃には大まかな形ができあがった。 おかしのいろは屋• 理容シミズ• 近畿では5商店街が選定されました。

久富餅• ロココヘアー• その大型店は、業態転換や数年おきのリニューアルなど追加投資を行い、競争力を維持してきたのに対して、商店街はなんら努力せず、陳腐化しているのである。 タカダウォーク 近鉄高田市駅 かたしお遊とおり 片塩コスモス通り(左が高田サティ) サンサン中通り 片塩商店街は、近鉄高田市駅の駅前にあり、高田サティという吸引力の高い大型店舗の間に位置する非常に恵まれた環境にある。

片塩商店街

塩 街 片 商店

ところが、視察して驚いたのは人通りが少ないことである。 片塩駅前商店街振興組合は2015年10月5日に法人番号が指定され、2018年7月26日にデータが更新されました。

競争激化などで空き店舗が増える中、地元経済人の奮闘で今年12月、町内最大の空白地だった「高田サティ」跡に食品スーパーが開業する。

片塩駅前商店街振興組合の法人情報

塩 街 片 商店

収益事業として、駐車場の管理や保険商品の販売も行う予定だ。 レディースファッション「ジュネ」• まちづくり会社はこの動きに合わせ「空き店舗ゼロ」を目指そうと、商店街の再生計画を練っている。 サティ(マイカル)はイオンの傘下にあり、場合によっては閉店ということも無いわけではない。

大西青果店• ロココヘアー• だが、近年は大型店との競合やデフレの影響などで商店街を構成するテナント約80店のうち約20店が空き店舗に。