淡路駅

駅 線 停車 阪急 京都

新設の東側2線を京都線が使用開始(宝塚線の一部列車も使用。

ただし、利用率が改善しないため、翌年7月20日から日中は特急の運行を取りやめた。 旧「いい古都エクスプレス」と異なり、高槻市でのスタフの交換は実施されなかった。

数字で見る阪急電車

駅 線 停車 阪急 京都

どの路線でも時間帯ごとの混雑状況は共通する。 増結作業は1便目と2便目は桂車庫内で、3便目は京都河原町駅で行う。

5
番号を修正していないのは、のりばが現行でも4つあり、案内に混乱が発生すること、(後述)による事故を防止するためとされている。 (平成22年)• 京都本線の普通は、1959年2月18日の梅田駅(現在の大阪梅田駅) - 十三駅間3複線化までは早朝・深夜のごく一部を除き大阪側は十三駅又は天神橋駅発着であり、3複線化により千里山線(現・千里線)方面の普通列車の多くが梅田駅発着に延長された。

阪急京都本線

駅 線 停車 阪急 京都

(国立国会図書館デジタルコレクション)• 阪急としては、ノンストップタイプの特急を含む15分ヘッドのダイヤよりも現在の10分ヘッドのダイヤの方がよいという判断なのです。 最混雑区間とその乗客の多さでは、特に宝塚線と神戸線で激しい。

13
ただし、JRと異なり阪急京都本線は直接京都市の中心繁華街にアクセスできるほか、京阪本線は大阪側のターミナルが・であり、途中の経路も異なる。

阪急京都本線

駅 線 停車 阪急 京都

また、下りホーム(4・5号線)では朝のにが使われており、4号線は高音タイプ、5号線は低音タイプが鳴動される。 補助いすもあります。

9
車両は8両編成で統一されていたが、平日朝6時41分 - 7時41分に河原町駅を発車する5本は10両で運転された。

数字で見る阪急電車

駅 線 停車 阪急 京都

現行の各種別の停車駅は「」の節を参照。 運転系統は主に京都線内の大阪梅田駅 - 高槻市駅・京都河原町駅間(昼間時間帯は高槻市駅発着で運転。

旧・快速特急 [ ] 停車駅 十三駅・高槻市駅・桂駅・大宮駅・烏丸駅 2001年(平成13年)3月24日 から2007年(平成19年)3月16日までの、土曜・休日の朝(平日にも一部運転)および全日の夕方・夜間の時間帯に運行された。 2800系の特急としての運用は、長いもので15年、短いものではわずか5年であった。

阪急京都本線

駅 線 停車 阪急 京都

3km• :東海道新幹線の高架線が完成し、並行する阪急京都線側も高架化するため仮線として上牧駅 - 大山崎駅間で新幹線線路の借用開始。 また、駅でのを終えた車両がそのまま営業列車として運転する関係で平日には高槻市発京都河原町行きが、土休日には相川発京都河原町行きが、平日・土休日とも長岡天神発京都河原町行きがそれぞれ1本ずつ設定されている。

2
乗換路線 乗換路線はありません• 2010年(平成22年)3月14日改正 「快速」を定期列車として新設。