【チェンソーマン】サンタクロースについてまとめてみた【トーリカの師匠】|サブかる

66 チェンソー マン

地獄 悪魔の生まれ故郷。

2
姫野曰く「引っ込み思案だけどかなり動ける」。 20歳。

チェンソーマン【第66話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

66 チェンソー マン

パワー デンジのバディ。 デビルハンターとしての経歴は長く、過去5人いた彼女のバディはいずれも殉職している。

5
早川に好意を持っており、彼のことは「アキくん」と呼ぶ。 マキマ曰く「血を飲み過ぎると今より傲慢で恐ろしい悪魔になる」らしく、定期的にマキマが血抜きをしている。

チェンソーマン 第66話 ワン!

66 チェンソー マン

慎重だが、黒瀬らを殺害した際に吐いてしまうなど、殺し屋にしては弱気な性格。

18
特異課での飲み会の際にはデンジに「ゲロキス」 キスと同時に相手の口内で嘔吐する行為 をお見舞いした挙句自宅に連れ帰り、性行為におよびかけた。 サンタクロースを倒すが、闘いの後はクァンシと共にマキマに首を落とされ、死亡する。

【チェンソーマン】66話のネタバレ【マキマVS闇の悪魔がやばすぎる】|サブかる

66 チェンソー マン

胸から生えたスターターロープを引っ張ることで変身する。

合衆国大統領との契約でマキマを殺害しに来た銃の悪魔を迎え撃つが取り逃がし、デンジに殺すよう電話する。

『チェンソーマン』第66話ネタバレ感想|マキマ地獄に参戦!デンジ完全復活!

66 チェンソー マン

銃の襲撃後に特異4課の指導に来て、早川に未来の悪魔との契約を結ばせた。 現世への帰還 マキマは首を千切られたトーリカの元へと歩み寄る。

雨宿りのために入った電話ボックスでデンジと出会い、差し出された花のお礼にカフェに誘ったことで交流を持ち、彼にとって二人目の「好きな人」となる。 殺し屋と思われ、ターゲットにとって大切な人を人質に取り、ターゲットを屈服させて殺す手法を得意とする。

チェンソーマン【第66話】ワン!のネタバレ!マキマがデンジたちを救う!|漫画市民

66 チェンソー マン

しかしゲコの一声でバラバラにされてしまいます。 しかしマキマの管理下にあるデンジとパワーを不参加にすることは叶わず、自分も参加を余儀なくされてしまう。 マキマは「命の恩人」とのことで、彼女に好意を抱いている。

一人称は「ワシ」で、混じりの話し方をする。 トーリカの師匠はふふふと笑いながら、これが闇の力素晴らしい、すべてを理解していくと満足そうにつぶやきます。