齋藤孝先生が“理想の小学国語教科書”をつくった理由。中2で習う『走れメロス』に小学1年生が歓喜する|小森俊司(書籍編集者)|note

教科書 走れ メロス

その男を死なせてはならない。 演じたのは。

7
」 「おどろいた。 私の一家も笑われる。

残虐?な王の事情を考える 走れ!「走れメロス」~教科書定番教材を楽しく

教科書 走れ メロス

ありがたい! 私は、正義の士として死ぬ事が出来るぞ。 メロスは激怒している。

8
天を仰いで、悔し泣きに泣きだした。 妹の子どもが後であるから、必ずしも最初から関わっていたわけでなく、逆恨みの可能性が高いと思いますが、今度は、自分の子どもを擁立すべく、国王の暗殺を図るわけです。

齋藤孝先生が“理想の小学国語教科書”をつくった理由。中2で習う『走れメロス』に小学1年生が歓喜する|小森俊司(書籍編集者)|note

教科書 走れ メロス

「比べる」という思考・活動が「読みの力」を高めている様子がうかがえます。 その王の顔は蒼白で、眉間のしわは、刻み込まれたように深かった。 国民は虐げられていると決め付け、自らの手で「邪知暴虐な王」を除くつもり。

2
この妹は、村のある律儀な一牧人を、近々、花婿として迎えることになっていた。

「走れメロス」のラストを解釈する

教科書 走れ メロス

メロスはその夜、一睡もせず十里の道を急ぎに急いで、村へ到着したのは、明くる日の午前、日はすでに高く昇って、村人たちは野に出て仕事を始めていた。 セリヌンティウスに関しては言うまでもなく、妹も「結婚式を明日にしてくれ」という頼みを聞き入れ、メロスの言うことを素直に聞く子である。

9
他には、何もない。 メロスは起きてすぐ、花婿の家を訪れた。

齋藤孝先生が“理想の小学国語教科書”をつくった理由。中2で習う『走れメロス』に小学1年生が歓喜する|小森俊司(書籍編集者)|note

教科書 走れ メロス

太宰は今まで散々面倒をかけてきた井伏に、借金の申し出のタイミングがつかめずにいたのであるが、激怒しかけた檀に太宰は「待つ身が辛いかね。 濁流を突破した。

2
だが逆に言うと、『走れメロス』はメロスの寝すぎるという特性のもとに成り立った物語であると言える。 「メロス」の大きな問題は、メロスのうさんくささにつきます。

ちくまの教科書 > 国語通信 > 連載 > 定番教材の誕生第1回(1/5)

教科書 走れ メロス

そしてこの物語はそのために感動を得ている。

12
やんぬるかな。