多摩川・浅川・大栗川の家屋倒壊等氾濫想定区域図(氾濫流)

倒壊 等 区域 家屋 氾濫 想定

家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流・河岸侵食)とは? 出水により近傍の堤防が決壊等した場合に、氾濫流や河岸侵食により、家屋が倒壊・流失する等の危険性が高い区域を示したもので、この区域では、屋内での待避(垂直避難)ではなく、避難所等への立ち退き避難(水平避難)の必要性を判断することが求められます。 (2)この家屋倒壊等氾濫想定区域は、現時点の多摩川、浅川、大栗川の河道の整備状況を勘案して、想定最大規模降雨に伴う洪水により多摩川、浅川、大栗川が氾濫した場合の氾濫流の状況をシミュレーションにより予測したものです。 なお、従来の浸水想定区域図という名称から、洪水、雨水排水(内水)、高潮とそれぞれの浸水に応じて作成することとなったことから、洪水に関しては、「洪水浸水想定区域」という名称に変更になりました。

4
洪水浸水想定区域図(想定最大規模) 該当河川の洪水予報区間または水位周知区間について、水防法の規定により定められた想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域、浸水した場合に想定される水深を表示した図面です。

群馬県

倒壊 等 区域 家屋 氾濫 想定

家屋倒壊等氾濫想定区域 新規 - 〔内容〕氾濫流又は河岸侵食により家屋等の流出・倒壊のおそれがある範囲 〔目的〕水平避難の必要性の判断等 【表示例】 各区域図の使い方は、下記(浸水想定区域図 確認ガイド)をご参照ください。 想定し得る最大規模の降雨の設定方法の詳細は、をご覧下さい。

(4)また、家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流)は、一定の仮定を与えて算定しており、(3)の条件に加え、倒壊等する家屋は直接基礎の標準的な木造家屋を想定していること、堤防の宅地側には家屋がない更地の状態で氾濫計算をしていること等の理由から、この区域の境界は厳密ではなく、あくまで目安であることに留意してください。 (県管理河川:18河川) 利根川、早川、蛇川、広瀬川、粕川、荒砥川、桃ノ木川、赤城白川、韮川、谷田川、桐生川、烏川、井野川、榛名白川、碓氷川、鏑川、鮎川、高田川 浸水想定区域図の見直し概要 今回の水防法の改正に伴う、洪水浸水想定区域図の改訂等は、以下のポイントで見直しを行いました。

洪水浸水想定区域について

倒壊 等 区域 家屋 氾濫 想定

リンク先 (解説) 洪水浸水想定区域図 洪水浸水想定区域図は、水防法第14条に基づき、洪水予報河川及び水位周知河川において、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水災による被害の軽減を図るため、当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域と水深を表示するもので、河川管理者が指定し公表します。

4 「家屋倒壊等氾濫想定区域(河岸浸食)」:想定し得る最大規模の降雨による洪水時に、堤防が侵食され、その背後にある家屋が流出・倒壊することが想定される区域を示したもの。

多摩川・浅川・大栗川の家屋倒壊等氾濫想定区域図(氾濫流)

倒壊 等 区域 家屋 氾濫 想定

洪水浸水想定区域図とは、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保するため、洪水により相当な被害が生ずる恐れがあるものとして指定した「」等において、河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域と水深を示した図です。

3
これに基づき、県ではこれらの河川に、新たに赤川水系赤川及び高瀬川水系古間木川の2河川を水位周知河川に加え、計37河川について、想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域を指定、公表します。 【概要】 現在まで、奈良県が管理する河川のうち23水位周知河川について、計画規模の降雨を対象とした浸水想定区域図を公表しています。

洪水浸水想定区域について

倒壊 等 区域 家屋 氾濫 想定

洪水浸水想定区域が公表された場合、市町村は、市町村地域防災計画に、洪水浸水想定区域ごとに洪水予報等の伝達方法、避難場所及び避難経路、避難訓練の実施に関する事項、区域に含まれる要配慮者利用施設等を記載するとともに、これらについて、ハザードマップを作成し、住民等に周知することとなっています。 新たな洪水浸水想定区域図を公表します 洪水浸水想定区域は、水防法に基づき、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水災による被害の軽減を図るため、当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域と水深を表示するもので、河川管理者が指定し公表します。

水防法の指定区間外(上流部や支川)についての浸水リスク情報として公表しているをご覧ください。 ・洪水浸水想定区域図(計画規模降雨) 県内の水位周知河川について、水防法の規定に基づき、計画規模降雨(河川整備の基本となる降雨)により浸水が想定される区域、浸水した場合に想定される水深を表示した図面です。

大阪府/洪水浸水想定区域図

倒壊 等 区域 家屋 氾濫 想定

川崎市 県政情報センター 河川課 横浜川崎治水事務所 横浜川崎治水事務所川崎治水センター 令和元年9月3日 神奈川県告示 第175号 見直し済 横浜市 県政情報センター 河川課 横浜川崎治水事務所 横浜川崎治水事務所川崎治水センター 平成28年8月2日 神奈川県告示 第375号 見直し済 (横浜市管理河川) 横浜市 県政情報センター 河川課 横浜川崎治水事務所 横浜川崎治水事務所川崎治水センター 平成28年8月2日 神奈川県告示 第376号 見直し済 (参考) 国管理区間と県管理区間の洪水浸水想定区域図を重ね合わせて、最大となる区域、水深、浸水継続時間を示した図面 相模原市 平塚市 藤沢市 茅ヶ崎市 厚木市 伊勢原市 海老名市 座間市 寒川町 大磯町 愛川町 県政情報センター 河川課 国土交通省 京浜河川事務所 藤沢土木事務所 平塚土木事務所 厚木土木事務所 厚木土木事務所東部センター 厚木土木事務所津久井治水センター 平成29年3月31日 公表 見直し済 【京浜河川事務所ホームページ】 (国管理区間) 平塚市 茅ヶ崎市 寒川町 藤沢市 大磯町 河川課 国土交通省 京浜河川事務所 平成28年5月30日 国土交通省関東地方整備局告示 第219号 見直し済 (県管理区間) 相模原市 平塚市 藤沢市 茅ヶ崎市 厚木市 伊勢原市 海老名市 座間市 寒川町 大磯町 愛川町. 算定条件については、各図に説明が記載されておりますので、ご確認いただきますようお願いいたします。 どの河川が氾濫した場合に浸水するのか• 洪水氾濫による人的被害の軽減を図ることなどを目的として改正された水防法(H27. これにより、知りたい場所の浸水リスクが検索できます。

12
注2)下表の洪水浸水想定区域等は、「対象河川」以外の河川(準用河川、普通河川など)からの氾濫を考慮していません。