小川屋(新潟市)が宅配弁当事業をリニューアル。使用する米を「新之助」に変更しメニュー数も大幅拡充

弁当 小川屋

漬け魚を中心に、新潟の豊かな食材を新潟らしい製法で活かした商品の製造、販売を行っています。 阪急交通社• 東武トップツアーズ• 合計9種類の本格的な味わいを、グリルやフライパンで焼くだけで、ご自宅で簡単に楽しむことができます。 利用対象者は65歳以上の方や障がい等で食事作りが困難な方で、利用申請書の提出が必要です。

名鉄観光サービス 株• 株 近畿日本ツーリスト• 昨年5月に事業を開始して以来、想定を上回る利用があることなどから、さらにサービスの拡充を図るため、リニューアルした。

小川家 (おがわや)

弁当 小川屋

宮崎グリーンホテル• 今後は、新之助を使用した「おむすび弁当」や、「オードブル」などの新商品を積極的に開発し、行楽・イベント(行楽・観光、謝恩会、保護者会など)、地域や家族の集まり(新年会、忘年会、町内会など)での需要にも対応できるようにしていく。 。

宮崎・宮崎南・延岡・高鍋・佐土原・小林・えびの・都城・都城中央・日向・日南営業所、お近くの営業所からの配送になります。

小川家 (おがわや)

弁当 小川屋

利用者に変化があれば緊急連絡先にお知らせ、離れて暮らしていても安心できます。 日の出幼稚園• 神宮会館• 西鉄旅行 株• 小川屋は明治26年に、初代の小川駒吉が創業。 一般社団法人 全国旅行業協会• 具体的には、使用する米を新潟産コシヒカリ(妙高市矢代地区のコシヒカリ)から、同じ新潟ブランド米の「新之助」に変更した。

17
社会福祉法人光輪会*配食サービスたちばな• 宅配事業ホームページ. 漬け魚を中心に、新潟の豊かな食材を新潟らしい製法で活かした商品の製造、販売を行っている。

小川屋(新潟市)が宅配弁当事業をリニューアル。使用する米を「新之助」に変更しメニュー数も大幅拡充

弁当 小川屋

5g以下 15品目以上 〇 〇 テレビCMでお馴染みのワタミの宅食は、高齢者食宅配市場で10年連続売上シェアNo1の実績を持っています。 ホテルJALシティ宮崎• 「こだわり焼き魚弁当」 漬け魚を中心とした食品製造を手掛ける株式会社小川屋(新潟市江南区)は今月2日に宅配弁当事業をリニューアルした。 固さに配慮して食べやすいように調理してあります。

7
フェニックスリゾート 株• 支払方法は口座振替、月初めに請求書をお届け、引落は20日前後になります。

小川屋-大正7年創業 宮崎で料理仕出しの老舗-

弁当 小川屋

) 【本件に関するお問い合わせ】株式会社小川屋(新潟県新潟市江南区大淵1631) 担当:ゼネラルマネージャー大橋祐貴 電話:025-276-1311 メール:ohashi niigata-ogawaya. 宮崎交通 株• 地域の方とのコミニュケーションを大切にしてお届けの際には見守りサービスを実施、特にひとり暮らしのご高齢の方にはオススメの宅配食です。 宮崎観光ホテル• 不在の場合は無料貸出の鍵付き安全ボックスにお届け、不在にしていても安心です。 合わせて全国どこに住んでいても注文OK、注目度の高い大手の宅配食事サービスの会社も紹介しました。

9
このため、冷めた状態で食べることが多い宅配弁当に適しているという。 宮崎ツアーサービス• 野菜は国産野菜を使用、魅力的なメニューが次々登場しています。

小川家 (おがわや)

弁当 小川屋

地域密着型の宅配食事サービスと全国で知名度の高い大手の宅配弁当を紹介します! まず 宮崎県の地域密着型の宅配食事サービスは、こちらの会社を紹介します。 ホテルマリックス• 清武みどり幼稚園• 栄養バランスのいいご飯を毎日食べたいのに、理想通りの食事を食べられない人が急増しています。

14
nosh ナッシュ のシェフチームには、割烹料理の板前・イタリアン・フレンチのシェフが数多く在籍。

小川屋(新潟市)が宅配弁当事業をリニューアル。使用する米を「新之助」に変更しメニュー数も大幅拡充

弁当 小川屋

近年は個人・法人ともに贈り物を控える動きが目立っておりますが、小川屋はこの良き風習が今後も絶えることなく続いて欲しいという想いと120年以上積み重ねてきた技の集大成として、今回の中元時期に合わせ、贈り物に最適な商品を開発いたしました。 宮崎ひがし幼稚園• 社会福祉法人光輪会*配食サービスたちばな 〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東1丁目7-18 TEL: 営業日:年中無休 お盆・日曜・祝日・お正月3が日は休み 小林市社会福祉協議会・高齢者給食センター• 主要取引業者一覧 旅行会社• クラブツーリズム 株• 有 教互センター• 明治26年創業、漬け魚を中心とした食品製造を手掛ける株式会社小川屋(本社所在地:新潟市江南区、代表取締役社長:葉葺正幸)は、主力である漬け魚ギフト部門における新商品「匠漬」を7月1日 土 より販売開始しました。

8
【商品化の背景】 小川屋は創業以来、日本の良き風習である中元・歳暮に適した贈答品の販売を中心に行って参りました。